アラジン グラファイトトースター歴3年目!買ってよかったポイントレビュー

アラジングラファイトトースターを使いはじめて3年目に突入しました。
買って良かった?と聞かれると、大満足!と答えるほど気に入っています。

これが2年経ったアラジンの姿

 

カラーがホワイトなので少し焦げも目立ちますが、アラジンのクラシックな見た目(デザイン)に合っていて味がでてるなぁ~!なんて惚れ惚れします。

朝はパン派のわが家では毎日食パンを食べるのですが、おいしいトーストが食べられるので本当に買ってよかった家電のひとつです。

 

アラジン グラファイトトースターとは

最近人気の「トーストがおいしく焼ける」トースター。
レトロなデザインがかわいいくてインテリア好きの方にもおすすめです。
が、わたしがおすすめしたいのは朝時間に余裕がないけどおいしいトーストが食べたい人です!

似たようなトースターで人気の「バルミューダ」と違う点は2つ。
価格とトーストの仕方です。

価格はバルミューダが約25,000円に対し、アラジンは約1万円。
トースターにしては高価ですが1万円の投資でおいしいトーストが毎日食べられるなら・・・!と思ってしまう価格ですね。

トーストの仕方の違いはバルミューダは水分をセットしてスチームを使ってトーストするのに対し、アラジンは食品が持っている水分を使って焼き上げます。

わが家は夫婦+子ども1人だったのでトースト2枚が焼けるアラジングラファイトトースターを購入しました。
が、もう一回り大きなアラジン グリル&グラファイトトースターにしてもよかったかな?と思っています。

アラジン グリル&グラファイトトースターならトースト4枚が同時に焼くことができ、簡単なグリル料理もできます。
もし家にオーブンがないなら、グリル&グラファイトトースターがおすすめですよ!

 

本当にパンが美味しく焼ける

0.2秒で発熱するアラジン。

発熱までが早いのでパンが乾燥しません。
普通のトースターだとトースターの中を温めるまでに約1分かかり、その間にパンから水蒸気がジワジワ逃げていきます。

発熱までが早いと水蒸気の蒸発が少なく、外はカリ!中はしっとり、の焼き上がりになります。

余計な温め時間がないから、忙しい朝でも早く美味しいトーストが食べられます。

温度は~280℃まで高温になります。

お手入れがラク


一般的なトースターと同じようなお手入れでOK。パンくずトレーを掃除したり、焦げをおとしてあげてください。

このアラジンを購入するとき、バルミューダと比較してすっごく悩みました。
でもアラジンにしてよかったと思っています。
それはバルミューダだと、水蒸気のための水トレーを掃除する必要があるから。

めんどくさがり&小さいこどもがいるワーママのわたしは家事に使う時間は1秒でも少ない方がいい。

結果、お手入れも特別なことをしなくていいアラジンにして大正解でした!


見た目がシンプルでおしゃれ


いろんな機能がないから見た目もシンプル。
操作つまみも温度設定とタイマーのみでシンプルです。

説明書を読んで使いこなすのも大変ですよね・・・アラジンは見た目も機能もシンプルで使いやすいです。


デメリット

中の高さがないので、高さのあるものだと焼きムラがでるなんていう口コミを見かけます。

我が家の場合は焼きムラを実感したことがないのでデメリットはあまり感じていません。

トーストはもちろん、グラタンも美味しく焼けますよ。
写真のグラタン皿は2〜3人分のグラタンが焼けるサイズです

 

時間がない方はアラジンがおすすめ!

  • すぐに発熱して焼き上がりが早い
  • お手入れがらく
  • 見た目がおしゃれ

もし迷っているなら、毎日使う家電は絶対に気に入ったデザインのものを買ったほうがいいです!
何回見てもアラジンを選んでよかった!とちょっとしあわせな気分になりますよ。

そして嬉しい誤算だったのがトースト早くおいしく焼きあがるので、朝の時短につながったこと!
発熱までが早いとあっと言う間にパンが焼けます。

お手入れもラクなので本当に優秀なトースターです。

 

▼トースト2枚焼きはこちら

 

▼グリルやトースト4枚焼きはこちら

 

関連記事>>>アラジン 遠赤グラファイトトースターで美味しいパンライフを満喫している話