猫を飼いたい!毎月のお金はいくら必要?わが家の猫代を公開します


猫と暮らすのが夢!

その気持ちとても分かります。
わたしは猫との同居歴6年ですが、猫は本当にかわいいです!

実際に猫を飼おうかと思い始めると、
毎月のごはん代、トイレ代、病気をしたらいくらくらいかかるんだろう?
こんなことが気になりますよね。

はじめにお伝えすると、毎月の猫にかかる費用は1匹につき5,000円もあれば充分です。
その他に猫の購入代や病気をしたときの病院代などいろいろ必要です。

この記事では猫を家族に迎える前〜実際に生活の中で発生する費用を具体的にお伝えします。



購入費用

猫を家族に迎えるには主に3つの方法があります。

1つ目はペットショップで猫を購入する場合。
大体5万円〜30万円が相場です。猫の種類によって金額は違ってきます。

2つ目は友人などから猫を譲り受ける場合。この場合は特に費用は発生しません。

3つ目は捨て猫を保護した場合。この場合も費用は発生しません。ちなみにわが家はこの形で今飼っている猫と出会いました。

その他に
・ごはんや水の器代 100円〜
・外出用のキャリーバッグ(病院へ行く時などに使用)3,000円〜
・爪とぎ 1,000円〜

などが必要です。

 

去勢・避妊手術の費用

手術の費用はオスとメスで費用が違います。
オス猫の去勢費用は10,000円〜20,000円が相場です。
メス猫の避妊費用は15,000円〜30,000円が相場です。

猫の去勢・避妊は動物病院で行います。
安易に子猫を繁殖させてしまうと、子猫の貰い手がなく不幸にしてしまうかもしれません。

また、発情期になるとオス猫はスプレー行為というマーキングを行います。
なかなか強烈な匂いがするのですが、去勢しておくことでスプレー行為をほぼしなくなります。

猫にとっては不安な手術だと思いますが、猫と人間が気持ちよく一緒に暮らすためにも猫の飼い主の責任として手術を受けさせてあげることおすすめします。

 

賃貸の場合は家賃

ペット可のマンションでも、猫1匹につき3,000円程度家賃にプラスされます。

わたしは猫を連れて2回引越しをしましたが、どちらのマンションも1匹あたり3,000円プラスだったのでこれくらいが平均だと思っています。

 

ごはん・エサ代

猫の好みや年齢、体調にもよりますがわが家は毎月1500円程度です。

カリカリの海の贅沢素材シリーズが大好きです。
ウェットタイプのごはんはお好みではないようで、食べてくれません・・・。

 

トイレ代

シートタイプのものとネコ砂を合わせて月1,000円ほどです。

ちなみにトイレ本体は5,000円ほどでした。

空調代

住んでいる地域にもよりますが、夏はエアコンが必須です。

わが家は夏場、エアコンを28℃設定で弱風にして一日付けっ放しにしていました。
電気代は約1500円プラスです。


おもちゃ代


ねこじゃらしやキャットタワーなど、必要に応じておもちゃが必須です。

ねこじゃらしは300円程度、キャットタワーのお値段はピンキリです。。

病院代

毎年の予防摂取


猫にも予防摂取があります。
わが家の場合は毎年約8,000円かかっています。

急な病気や事故

ごはんを食べなくなったり、トイレの回数が減ったりすると猫の体調がよくないのかもしれません。そんな時は動物病院へ連れて行きます。

わが家の猫は過去に何度か動物病院のお世話になりました。
猫が膀胱炎になった時は約20,000円、病院代としてかかりました。

また、猫が誤っておもちゃを飲み込んでしまっていたこともあります。
この時は大きな手術になったのですが、約20万円ほどの手術代がかかりました。
(無事で良かったです・・・。)

猫は人間のように医療費3割負担ではなく全額自己負担です。
病院に行けば必ず高額な出費になります。猫が歳をとってくると病院のお世話になることも増えてきます。
それを見据えてきちんと貯金をしておくことをおすすめします。

何年も一緒に暮らしてきた猫が苦しんでいるときに、お金の問題で病院に連れて行けないなんてとても辛いですよね。
どうしても医療費が不安だ・・・という方は動物保険に入られることをおすすめします。

 



猫を飼う前にきちんとコスト計算をしよう

猫を家族に迎えると長くて約20年のお付き合いになります。
本当に猫を飼って大丈夫か?猫と暮らすためのコスト計算のお役に立てたらうれしいです。

ざっくりこれくらいの費用がかかると覚えておいていただければ大丈夫。

毎月の猫代(ごはん・トイレ)で5,000円
急な病院代で20,000円〜

きちんと計画して、かわいい猫との生活をたのしんでくださいね!

 

関連記事>>>家計見直しで年間約○○万円の節約に!わが家の節約結果を公開します



ABOUTこの記事をかいた人

yuca

保育園児の子どもをもつワーキングマザー。 EC業界で8年過ごしたのちに、会計業界へ転職。 暮らしのこと、お金のこと、働きかたをワーキングマザー目線で書いています。 くわしいプロフィールはwebsiteからチェック!