納税でポイント還元!クレジットカードでお得に税金を納付するコツ

こんにちは。ワーキングマザーのyuca(@yuca_minority)です。

会社経営者・個人事業主・個フリーランスの方は、確定申告のあとに納税がありますよね。

2017年1月から、クレジットカードで納付できる税金の範囲が拡大されたのはご存じですか?

なんと約30税目の国税が新たな対象に。

クレジットカードで支払えるということは、
税金を払ってポイントが還元されるんです!!

ですが支払いの際には手数料がかかるので、お得に支払うにはちょっとしたコツが必要です。

それではお得に納税するためのポイントをご紹介します。



対象の税金は約30種類

これまでも地方税は市町村によってクレジットカード納付ができましたが、2017年1月からは国税にもクレジットカード納付の対象が広がりました。

申告所得税及復興特別所得税、消費税及地方消費税、法人税、源泉所得税など27税目が対象です。

個人事業主の方は「所得税」や「消費税」、会社を経営されている方は「法人税」や「消費税」が大きな納税ですよね。
これらをクレジットカードで支払うことができます。

 

対象のクレジットカード会社

日本でメジャーなカードのブランドは一通り使えます!

JCB
VISA
MasterCard
Diners Club
AMERICAN EXPRESS
TS CUBIC CARD

注意点

コンビニなどで納税用紙を使って、クレジットカードで支払いをすることはできませんので注意してください。
クレジットカード払いはインターネットからになります。

納付サイトはこちら

 

メリット3つ

クレジットカードのポイントがつく

税金を支払って、ポイントが還元されることってなかったですよね。
これからは税金を支払ってポイントがつきます。

ここで注意が必要です!
クレジットカード還元率約1%以上でないと、手数料の関係で損をしてしまいます…。
くわしくはデメリットでお伝えします。

 

銀行に行かなくていい

銀行に行って、窓口に並んで、納税して……という作業は結構な労力ですよね。
クレジットカード支払いなら、10分もあればサクッと納税を終わらせることができます!

 

キャッシュフローに余裕ができる

通常の税金納付だと、その日に支払いが完了します。
ですがクレジットカード納付にすると、引き落としまで20日~30日の余裕ができます。
キャッシュフローが助かる!という声もあがっていますよ。

 

デメリット3つ

手数料がかかる

メリットでお伝えした通り、クレジットカード支払いをするためには手数料がかかります。

なんと、1万円ごとに82円。
なので約1%以上ポイントがつくクレジットカードだとお得だと言えます。

 

還元率1%以上のメジャーなクレジットカード

リクルートカード……1.2%
楽天カード……1.0%
オリコカード……1.0%

ちなみに裏技ですが、プリペイドカードのLINE  PAYを使えば還元率2%です。
(1ヵ月に使用できる限度額が10万円のため、10万円以下の税金に限られてしまいます)

実質そんなに還元されないんじゃ…?と思われるかもしれません。
ですが、この手数料なんと損金計上できるんです。

税金対策にも有効だといえます。

損金=費用のうち、法人税を計算する際にかかる税金を減らせるもの

クレジットカード限度額を気にしなければいけない

高額の税金を納付する場合、クレジットカードの上限には注意してください。
クレジットカード会社によっては、一時的に限度額を引き上げることもできる場合があります。
カード会社に相談してみてくださいね。

 

税金を払った実感がない

インターネットで簡単に納税が完了するので「支払った!」という感覚がないと言われる方もいます。笑
それだけ簡単に納税ができてしまいます。

 

このように、ちょっとしたコツでお得&簡単に納税できるようになりました。

決済方法が増えて便利になった納税。
この方向で、いろいろ煩わしい手続きが減っていくと嬉しいですね。

 

ちなみに私は固定資産税をクレジットカードで納付しました!
ご興味がある方は「固定資産税をクレジットカードで支払うメリット・デメリット」もぜひお読みください。