高額医療費制度を正しく知って、入院の不安を最小限に!


高額医療制度ということばをどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

入院経験者の方で「入院したけど8万円以上払う必要がなかったよ!」なんて言っている人も多いですよね。
これは高額医療制度を利用したことで限度額以上の医療費を支払わなくてよくなった人です。

 

入院すると多くの人がこの制度のお世話になっているはずです。
この記事では高額医療制度とはなにか、どうすれば高額医療請求ができるのかをお伝えします!



高額医療制度とは

引用:全国健康保険協会
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151


高額医療費制度とは限度額をこえる医療費を支払わなくてもいい制度です。
この限度額はあなたの収入によって変わってきます。

 

一番のボリュームゾーンは高額医療費8万円のゾーン。
上の全国健康保険協会の表で言うと区分ウになり、標準報酬月額28万~50万円の方が該当します。

 

たとえば毎月の給与が28万円+交通費2万円/月=30万円を支給されている方はこの区分ウに該当し、約8万円が1ヵ月の医療費の限度額となります。

 

入院の医療費が15万円だった場合でも、約8万円だけ支払い、あとの7万円はあなたが負担しなくてもいいんです。
限度額はあなたが加入している健康保険によって異なるため、調べてみてくださいね。

 

どうやって請求するの?

自分が加入している健康保険に問い合わせて書類を手に入れます。

 

保険証の下部に加入している健康保険の名前をが書いています。その健康保険をネットで検索すれば電話番号がわかります。

 

高額医療制度の請求方法は事前申請と事後申請の2通りあります。

 

事前申請

 

まず入院した段階で長期入院だと分かっている場合は「限度額適用認定証」を発行してもらいます。
自分が加入している健康保険に問い合わせて書類を取り寄せましょう。
ホームページからPDFでダウンロードできる健康保険もあります。

 

全国保険協会の健康保険に加入している方は、一番加入者が多いメジャーな健康保険なので、もしかすると病院があらかじめ書類のフォーマットを持っているかもしれません。

 


高額医療費の事前申請ができれば窓口では限度額以上の医療費の支払いは必要ありません。

 

ユカ
できれば事前申請にしたいですね!

 

事後申請

 

医療費の払い戻しは、医療機関等から提出される診療報酬明細書(レセプト)の審査が必要です。
健康保険高額療養費支給申請書という書類を記入し、健康保険に提出します。

申請〜入金までは3ヵ月以上かかります。

 

ユカ
働けない上に、一時的とはいえ高額の出費があるのはつらいですね・・・

 

気をつけること

 

毎月1日〜末日までの1ヵ月ごとに計算をする(月をまたぎ合算できない)

高額医療費制度は、月をまたぐとまた医療費をゼロからカウントします。
なるべく同月内の入院で済ませると支払いが抑えられます。

 

たとえば3月20日〜4月10日まで21日間入院し医療費が30万円かかった場合。
3月20日〜3月31日までの医療費15万円、
4月1日〜4月10日までの医療費15万円とすると、
高額医療費制度を使っても3月分8万円+4月分8万円=16万円の支払いになります。

 

 

一方で4月1日〜4月21日までの21日間入院した場合。
医療費30万円かかっても、高額医療費制度で8万円の支払いで済みます。

 

月をまたぐかまたがないかで、支払う医療費にこんなに違いがある高額医療制度。

ユカ
入院期間はコントロールするのはむずかしいですが、もし入院・退院時期を相談できる環境だったら意識してみてくださいね。

 

食事代・差額ベッド代などは高額医療制度の計算対象外

 

個室などを利用するとかかる差額ベッド代や食事代も高額医療費制度の対象外です。

たとえばあなたの限度額が8万円だったとして、食事代と差額ベッド代が5万円かかった場合は、病院に13万円支払います。

 

わたしは会社で入っている健康保険の他に、自分で医療保険にも加入していたため保険金を支給してもらうことができとても助かりました。

その時の体験談>>>妊娠予定があるあなたに、わたしが医療保険を強くすすめる理由!保険に助けられた体験談

 



まとめ

 

入院になるととても不安ですよね。

使える制度は活用して、まずは身体を大事にしてくださいね!

 



ABOUTこの記事をかいた人

yuca

保育園児の子どもをもつワーキングマザー。 EC業界で8年過ごしたのちに、会計業界へ転職。 暮らしのこと、お金のこと、働きかたをワーキングマザー目線で書いています。 くわしいプロフィールはwebsiteからチェック!