マンションを選んだ理由はここ!ワーママ視点でチェック




yuca(yuca_minority)です。

 

わが家はマンションです。

 

新築マンションを購入して早1年。

 

やっぱりマンションはわたしに合っている。

どんな点がよかったのか、お伝えしたい。

 

マンションに決めた理由

 

1.手入れがほぼ必要ない

 

マンション前の掃除やごみ置き場の掃除など、管理会社の方々がすべて行ってくれる。

 

これにはかなり助けられていて、マンションでなければ自分たちで家の周りの掃除をしないといけない。

マンションの管理スタッフの方々にはいつも感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

2.間取りを設計しなくてよい

 

優柔不断なわたしは、家の設計なんてしたら一生かかっても決められない。

 

間取り、壁紙の色、フローリングの色、素材……通常生活を送るだけでもバタバタなのに、わたしにそんなキャパはない。

 

ファミリー向けマンションなのである程度暮らしやすいようには設計されている。

 

できあがったものを自分好みのインテリアで作るほうがむいていると思っていたので、マンションにしてよかった。

 

3.セキュリティ面が安心

 

管理人さんがいたり、オートロックのエントランス、自分の家の階にしか止まらないエレベーターだったり、戸建てとくらべるとセキュリティ面はしっかりしている。

 

マンション最大のメリットはここだ。

 

子どもが小さいので安心して暮らせるこの環境はとてもありがたい。

 

4.気密性が高い

 

新築マンションは気密性が高いので、暖房費も少なくて済むのが嬉しい。

冷房も効きやすいですよ。

 

マンション暮らしで気になること

 

1.階下や隣への生活音の配慮が必要

 

子どもが小さいので、飛んだり跳ねたり走ったりそれなりに足音がしているはず。

気にせず暴れさせてあげたいが、そうもいかないのがマンション暮らしのデメリット。

 

『下の人がビックリしちゃうからジャンプしないでね』とこどもに伝えて協力してもらっている。

 

2.ガーデニングなどの制限がある

 

ベランダは避難経路になっているので、置けるものが決まっている。

ある程度ガーデニングはできるが、やはり戸建てのように自由にガーデニングはできない。

 

子どもと一緒にプチトマトやブルーベリーを育てたり、そのレベルのガーデニングなら全然OK。

 

共働きなので、庭の手入れをしろといわれても100%むり。
わたしにとってはこれが逆によかったと思っている。

 

まとめ

 

優柔不断で時間がないわたしは、マンションにしてよかった!

戸建だったら一生かかってもいろいろ決められなかったと思う。

 

わたしは間取りなどを自分たちで決めなかった分、家の中を好きなものでいっぱいにしたいと思っている。

これからも自分のマンションを育てていくことが楽しみだ。