メルカリで秋冬物を売るテクニック≪気温編≫




こんにちは!ユカです。

 

もう着なくなった服ををメルカリに出品するとき、何となく出品していませんか?

 

実は洋服がよく売れるタイミングがあります。

 

気温が20℃くらいの時はハーゲンダッツやスーパーカップなどのアイスが売れるけれど、25℃を越えるとガリガリ君やかき氷といった氷菓が売れるのは有名な話

 

キーワードは気温です。

気温と消費には密接な関係があります。

 

元アパレルネットショップ店長が教える気温別売れるものをご紹介します!

 

準備 週間天気をチェック!

 

週間天気を見て、10日先の気温をチェックしましょう。

出遅れないために、早めに仕込んでおくことが大切です。

 

週間天気は10日前から確認できるので、私はネットショップ店舗の売場計画と照らし合わせて気温をチェックしていました。

 

10日間の天気がチェックできるサイトはこちら
tenki.jp

 

チェックする地域

 

北海道に住んでいる人は寒く感じる日が早く、沖縄に住んでいる人は遅いですよね。

 

ここは人口が一番多い東京を基準にしましょう。

 

自分の体感で動いてしまいがちですが、日本で一番人口が多いのは東京です。

東京の週間天気をみて、売る商品を決めましょう。

 

それでは気温別に売れる商品を見ていきます。

 

20℃を下回ると売れるもの

 

秋物、通年ものがよく売れる気温。
そろそろ季節の変わり目を意識する目安です。

 

まだ暑い日もあるけれど、半袖だとちょっとおかしいかな…?くらいの気温です。

 

カーディガン、コットンインナー、カットソー、ストールなどがよく売れます。

ロングブーツもこの気温から動き出すようです。

 

20℃で売れるもの

・カーディガン
・カットソー
・ストール
・コットンインナー
・ロングブーツ

など

15℃を下回ると売れるもの

 

いよいよ冬に近づいてきました。

 

これくらいの気温に近づくと、コートやブルゾンなどアウターを探し始めます。

大判ストール、手袋などの小物もこのあたりから売れ始めます。

 

15℃で売れるもの

・コート
・ブルゾン
・大判ストール
・手袋

など

10℃を下回ると売れるもの

 

かなり寒くなってきました。
ダウンコートやあったかインナーを買い始めます。

 

裏起毛、厚手というキーワードがひびきやすい。

ムートンブーツ、湯タンポ、カイロもここです。

 

10℃で売れるもの

・ダウンコート
・あったかインナー
・ムートンブーツ

など

 

気温を先読みしてメルカリで稼ごう!

 

この記事では秋⇒冬にかけての気温の変化別アイテムをご紹介しました。

 

気温と消費の関係はかなり密接です。

 

これはメルカリやネットショップ、リアル店舗のどこでも同じことが言えます。

気温を先取りして、メルカリでの販売計画を立ててみてください♪

関連記事
>>>楽天スーパーセールは事前準備がだいじ!元楽天店長がおしえるオトクなお買いものテク<事前準備編>

>>>楽天スーパーセール必勝法!元楽天店長がおしえるオトクなお買いものテク<当日編>

>>>フリーランスが経理処理をきちんと整えておくべき理由