ケンカの原因!『名もなき家事』に気づいていますか?




こんにちは!yuca(yuca_minority)です。

旦那さん(またはパートナー)は家事をしますか?
やってくれてはいるけど、なぜかちょっとズレている……。

こんなことありませんか?

それはあなたの考える家事の範囲と、相手の考える家事の範囲が違うからかもしれません。

例えば『ごみ捨て』を例に考えてみましょう。

 

あなたの思うごみ捨て
・ごみ集め
・袋交換
・袋がなくなったら声をかける
・ゴミ捨て

 

相手が考えるごみ捨て

・onlyごみ捨て

ここではごみ集め、袋交換、袋がなくなったら声をかけるがこの2人の間のギャップです。

このギャップが、家事を全然やってくれないvsやってるよ!のケンカの元なんです。

 

実際我が家もこんな感じで、夫も家事をやっているのに私はどうしてイライラするんだろうと考えていました。

その中で私が気づいたこと。私は『気付いて自発的に動いてほしい』。
でもこちら側の勝手な理想を押し付けているだけでは、何も解決しません。

なので、具体的に「ココからココまでを期待しているよ」と伝えるようにしました。
そうすることで夫が理解してくれるようになり、家事についてもめることがグッと減りました。

 

この記事では家事のギャップを名もなき家事と呼んで、実際にどんな名もなき家事があるのかをお伝えします!

あなたの家で、家事でのもめごとが減るきっかけになれば嬉しいです。

 




 

名もなき家事

献立を考える

料理をするためには、献立を考えて料理をしなければいけません。
毎日食べたいものが決まっている人ってそうそういないですよね。
特に食べたいものもないのに献立を考えるって大変な作業です。

 

買ってきたものを冷蔵庫やストック場所にしまう

スーパーに買い物に行って、そのまま冷蔵庫にしまう作業。
我が家では1週間分の食品をまとめて購入するので、しまうだけで10分~15分かかります。

 

洗濯物をしまう

家族それぞれのクローゼットに衣類をしまう作業。
シャツの場所、靴下の場所、下着の場所……作業が細かいです。

 

調味料やランチョンマットを片付ける

お皿を下げて終わり!の人が多いと思いますが、ランチョンマットや調味料がだしっぱなしではNGです。
お皿を下げるついでにテーブルの上が何もなくなるように片づけましょう。

 

こどものこと編

 

お風呂に入れる

お風呂に入れるだけはNGです!!
お風呂に入れるためにはお風呂掃除、お湯はり、お風呂からあがったときの準備(バスタオル、オムツ、パジャマ)などがあります。
これが子どもをお風呂に入れるということです。

 

子どもにご飯を食べさせる

口の周りをふく、こぼしたものを拾う、話しかける、お皿を下げる、テーブルをふく
などいろいろ作業があります。ただスプーンで食事をすくって口に運ぶだけではないです。

 

子どもとでかける

お茶、おむつ、タオル、着替えの準備など必要なものを先回りして準備する必要があります。

 

名もなき家事に気付くコツ

「この作業をするためには何が必要か」を考えて動くと気づくことができるはずです。

あなたの家で、家事でもめる時間が少しでも減りますように!