未経験で経理は受からない?30代ワーキングマザーの転職体験談

「未経験で経理への転職なんて本当にできるの?あきらめた方がいいんじゃないかな・・・」
と思っているあなたに伝えたくて書きました。

私も「未経験・30代・しかも子持ちなんて転職できないかも」と、考えていたうちの一人でした。

頭の中はネガティブな考えでいっぱい。

 

でも私はどうしても「経理」の仕事がしてみたかった。
経理に転職する前のわたしは、ネットショップの販売促進企画の仕事をしていました。とてもやりがいはあったのですが、社風がどうしても合わなかったこと、もっと専門性を持った仕事にチャレンジしたくなったこと、経営者により近い数字を扱う仕事がしたくなったこと、この3つが理由で経理への転職活動をすることに決めました。

ネットで「経理 未経験 30代」と検索すると、ネガティブな意見ばかり。
だからどうしたら経理に転職できるのかを真剣に調べました。

結果、念願の経理に転職できました!それだけではなく、所定労働時間は1時間みじかくなり、お給料UPという結果に・・・!

この記事ではわたしがどんなふうに転職活動を行ったのかお伝えします!

 

理由その1:簿記2級を勉強した

経理職の面接に行くと必ず確認されるのは下記の2つです。

  • 簿記の資格を持っているか
  • 経理の実務経験があるか

経理の実務経験があって、簿記の資格がある人が一番採用される確率が高いです。ネットの口コミを見ても、経理は専門職だから実務経験が何より大事だ!ということがいやになるほど書かれています。

でも私には経理の経験はありません。経験を買うこともできません。
ですが実務経験がなくても資格があるという意欲を買ってくれる会社は意外とあります!

わたしは簿記3級を取得後、簿記2級を勉強中の状態で転職活動をスタートしました。
企業への志望動機には必ず「簿記2級を勉強中であること」「経理の仕事を通して実現したいこと」を具体的に書いて応募していました。

実際にまだ簿記2級を持っていなくても勉強中であることはしっかり伝えましょう!
経理の仕事をするために今できることをやっている人だという評価をゲットできます。

意外と採用担当者は応募書類をしっかりと読んでくれていましたよ。

 

理由その2:転職エージェントを利用して書類選考対策を万全にした

30代で未経験職種に転職を希望する場合は、書類選考を通過することがとてもむずかしいです。
やる気をアピールしたくても面接の機会すらもらえないことの方が多いと思った方がいいです。

でも面接にこぎつけるためには書類でアピールするしかありません。

  • 「なぜ経理の仕事がしたいのか」
  • 「どう会社の役に立てるのか」
  • 「具体的に今どう行動しているのか」

 

この部分をしっかりと選考書類に書くことができれば、30代未経験でも面接のチャンスをつかめます!
自分ひとりで面接官を納得させる志望動機考えるのがむずかしいですよね。

わたしは転職エージェントに登録して、エージェントの担当者から志望動機のアドバイスを貰って文章のひな形を作りました。

30代で未経験職種に転職したいなら、絶対に転職エージェントに行って志望動機をプロに添削してもらってください!
おそらく転職エージェントの担当者からは「未経験職種への転職はむずかしい」と言われます。

ですが、転職エージェントの担当者1人も説得で来なくて未経験の職種へ転職ができますか?
あなたの「どうしてもチャレンジしたい想い」を担当者に伝えてください。

エージェント担当者を説得して味方につけられたら、あなたの転職活動は半分成功したようなもの。
企業の採用担当者に想いを伝えるいい練習になりますよ。

わたしは大手2社の転職エージェントに登録をしました。
電話面談サービスもあり、ワーママのわたしにはありがたかったです。

エージェントの担当者は正直、人によって相性のあたりハズレがありますが
大手なら担当者を変更してもらうことも可能です。
担当者がたくさんいるので、合わないなと思ったら遠慮なく担当変更をお願いしてみてください。

転職はなかなか経験しない人生のイベント。
転職に慣れている人なんてそうそういません。

転職エージェントは無料であなたの悩みに寄り添ってくれる味方ですよ。

 

理由その3:いろんな求人に積極的に応募した

まずは求人を出している媒体の特徴を分析します。

企業がハローワークに求人を掲載してもらうとき、一切費用はかかっていません。
タダで求人票をだせるので、募集条件がやさしい会社が多い=未経験OKの求人がそこそこあるんです!
(インディードもタダで求人票を出しているところが多いので未経験OKの求人多め。)

だからわたしは応募条件がやさしめのハローワークやインディードに掲載されている求人にも積極的に応募しました。

ただし、ハローワークなどの企業が無料で求人票を出せるところはブラック企業率が高めです・・・。
離職率が高かったり、ワンマン経営者だったり。

その辺りを自分でしっかり確認できるならハローワークなども利用してみてくださいね。
企業の見極めや条件のすり合わせなど、自分の力で進めるのは気が重い・・・という方はやはり転職エージェントに手伝ってもらうことをおすすめします。

 

未経験者はとにかく誰かに相談に乗ってもらうのが転職への近道

転職は人生の中でそう何度も経験することがないですよね。
しかも未経験職種に転職するのは相当な労力が必要です。

自分は経理の仕事について本当に理解しているのか、経理を採用したい企業は何を求めているのか、こういった点を抑えて書類選考や面接が突破できたら効率がいいですよね。

効率よく転職を進める上で、わたしは転職エージェントに頼ることが転職成功への近道だと思っています。

 

経理の年間スケジュールについて知っていますか?

経理の仕事についてあなたが本当に理解しているのか第三者(エージェント担当者)が教えてくれます。

たとえば経理に必要な年間スケジュールがあること(算定基礎や決算の法人税納付期限はいつか、中間申告はいつか、など)も担当者との会話の中で出てきます。

こういった単語を聞いたときに、企業の採用担当者の前で「初耳だ!」という顔をしてしまったら採用までの道は遠くなってしまいます。
この人は経理業界について勉強していないと思われてしまいますよね。

実務ベースの経理スケジュールについては簿記では出てこないので、経理業界をよく知っている人に教えてもらうのがベストです。

 

企業が欲しい人物像についても情報をゲットできる

  • とにかくバリバリに仕訳ができる人材が欲しい
  • 未経験でもいいから協調性のある愛想のいい人材が欲しい

 

一口に経理を採用したいと採用担当者が言っていても、こんなに欲しい人物像に違いがあることも珍しくないんです。

ベテラン経理スタッフが寿退社をするから、すぐにでもバリバリの経理経験者が欲しい会社に未経者が応募しても書類選考で落とされてしまいます。

一方でベテラン経理スタッフと社長のソリが合わず、ベテラン経理スタッフを別の部署に移動させるから今度は協調性のある愛想のいい人なら未経験でも採用したいと思っている採用担当者もいるんです。

こういった内部の情報はハローワークの求人ではまず得ることができません。

 

まとめ

未経験で経理転職に成功したポイント

  • 簿記2級のの勉強を始めていた(具体的に行動していた)
  • 転職エージェントを頼った
  • いろんな求人に積極的に応募した

この3つのポイントでわたしは30代未経験でも経理へ転職することが出来ました。

計画を立てて行動すれば、一般的にむずかしいと言われていることでも意外とできますね!

1年後、理想の自分や働きかたをするために今行動してみませんか?
行動すればきっと理想に近づいているはずです!

 

転職エージェントは2社に登録がおすすめ

早速転職エージェントに登録しようと思っても、エージェントが多すぎてどこに登録したらいいのか分からないですよね。だからと言って、むやみに複数登録してしまうと管理ができなくなってしまいます。

また、ニッチな小さい転職エージェント1社に絞って登録するのも、担当者と相性が合わないこともあるのでおすすめできません。

わたしがおすすめするのは大手のdodaとパソナキャリアです。
dodaは優良企業の求人が多く日本で最大の求人数を扱っている会社です。
パソナキャリアは女性の転職に強いエージェントです。

この2つを賢く利用すれば転職を有利に進められるはずです。
登録は5分で終わり、全て無料で利用できます。

あなたの転職活動が成功しますように!

優良企業への転職情報ならdoda

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

関連記事

>>>簿記資格は取っても無駄?経理職のこれからを会計業界の中から考えてみた

>>>ワーママが退職したいと思ったらやるべきこと!うつうつした気持ちを解決する手順を教えます。