物理の基本がまなべるおもちゃ!4歳〜OKのクアドリラであそびながら知育しよう!

ボーネルンドのホームページの中に「クアドリラ ツイスト&レールセット」の動画がありました。
一緒に見ていた子どもが「このおもちゃほしい!」と目をキラキラさせておねだり。

建築の知識とか物理の知識とかつきそうな賢くなる予感のおもちゃだし、これならいいかな〜と思ってクアドリラを購入することにしました。

今4才のわが子がちゃんと遊べるのか心配でしたが、全く問題なし。
はじめは遊び方がわからず親が組み立てたものに、ビー玉を転がして遊んでいましたが、1日もすると自分の作品を作って遊んでいます。

もちろんうまくは作れませんが、なぜうまくビー玉が転がらないのかな?と疑問をもちながらおもちゃに向き合っています!

この記事では、クアドリラはどんな子におすすめか、クアドリラのあそびかたはどんなものなのかお伝えします。

どんな子におすすめ?

  • パズルがすき
  • 積み木がすき
  • 工作がすき

パズルを何十回と繰り返しバラしてやっていたり、
自分で折り紙やねんどで作品を作っていたり・・・
もくもくと何かを作ることが好きな子に向いていると思います。

どんな効果が期待できる?

試行錯誤して自分の思う作品を作り上げる想像力が鍛えられそうだな、と思います。

「このパーツはこんな役割があるから、こうしよう」
「ここにビー玉を通らせたいからココに置いてみよう」

こんなふうに慣れるまでは少し声かけをしてあげて、作品を作るサポートをしてあげるとグングンいろんなものを作れるようになりました。

ビー玉が何個か集まると動くシーソーのようなパーツがあり、重さが集まるとシーソーが動くんだ!と理解したとき、とてもうれしそうな顔をしていました。

ゴールから逆算してものを作る力がつきそうです!

クアドリラのあそびかた

色ごとにパーツの役割がちがう

  • 緑のパーツはトンネルになる
  • オレンジのパーツはトンネルにならない
  • レールに穴があいているから、パーツでうめなければいけない

など各パーツに役割があります。
各パーツの役割を覚えると自分の思い通りの作品ができるようになります!

説明書通りに組み立てる

まずは説明書通りに組み立てて各パーツの特徴を理解するのがおすすめです!
何通りか説明書と同じようにクアドリラを組み立てるとすぐに特徴を覚えることができます。

オリジナル作品を作る

説明書通りに組み立てることになれたら、オリジナルの作品を作ってみてください。

思い通りにビー玉の道を作るのがなかなかむずかしくて、大人でも夢中になるたのしさです。

クアドリラ ツイスト&レールならパーツがたくさん入っているので、作りごたえのある大きな作品ができますよ!

クアドリラは4才頃からたのしめる!

おもちゃのパーツに小さいものやビー玉があるため、口におもちゃを入れてしまう年齢の子どもにはまだ早いと思います。

ビー玉が流れるのを見るだけでも充分楽しいですが、安全面には注意が必要です。
ボーネルンドの公式サイトには4才からオススメのおもちゃとして紹介されていました。

商品レビューをみていると、小学2年生の子どもも楽しそうに作品を作っているという内容のものもありました。
大人も夢中になってしまうほどなので、かなり長く遊べるおもちゃだと思います^^

どこで買える?

 

  • ボーネルンド直営店(実店舗)
  • 実店舗のおもちゃ屋さん
  • ボーネルンド直営ネットショップ
  • アマゾン
  • 楽天
  • ヤフーショッピング
  • メルカリなどのフリマアプリ

など実店舗でもネットショップでも購入することができます。
わたしは実店舗で購入しましたが、持って帰るのが大変でした・・・笑

おもちゃ屋さんで買うワクワク感もあるのですが、クアドリラ ツイスト&レールセットは結構重いのでネットショップで購入されることをおすすめします!

メルカリなどにも出品されていますが、定価の3,000円引きほどでなくしてしまっているパーツがいくつかある状態のものばかりでした。
子どものおもちゃで、どんな状態で保管されていたのか分からないものはこわいな〜と思う点もあります。

ネットショップならポイント10倍で実質割引になっていることも多いので、中古を買うならネットショップでポイントがつくタイミングを狙って購入するのがいいかな、と思います!

 

クアドリラは親子でたのしめるおもちゃ

作品づくりに頭をつかうおもちゃなので、親もいつの間にか無言になってあそんでしまいます。笑
子どもがつくった作品にビー玉を転がして見て、うまくいかない時は一緒に改善点を考えるのもたのしい!

わが家では買ってよかったおもちゃランキング上位に入っています!
こんなに楽しんでくれるなら、もっと早く買ってあげればよかった・・・と思うほどです。

ものづくりが好きなお子さんへに、ぴったりなおもちゃですよ♪

 

関連記事>>>おもちゃをどこで買う?おもちゃ屋さんで買うかネットショップで買うか迷った話

子ども乗せ自転車のレインカバーはリトルキディーズがおすすめ!



ABOUTこの記事をかいた人

yuca

保育園児の子どもをもつワーキングマザー。 EC業界で8年過ごしたのちに、会計業界へ転職。 暮らしのこと、お金のこと、働きかたをワーキングマザー目線で書いています。 くわしいプロフィールはwebsiteからチェック!