お金が貯まらない人の3つの習慣を直すポイントは事前準備だった!

来年こそ貯金をするぞ!と意気込んでも年末になると、結局今年も貯金ができなかった…と落ち込んでいるあなた。

それは貯金ができなかった原因を振り返られていないからかもしれません。

共働きなのに思うように貯金ができていなかったわたしが、いつもよりキチンと貯金ができたのは間違いなくお金の振り返り力がついてきたから。

年末は1年を振り返るいい機会です。

今年思うようにお金が貯まらなかった…と思ったあなたは、この3つが原因かもしれません。



年間特別出費を予算に入れていない


年間特別出費の代表例

・家族の誕生日プレゼント
・冠婚葬祭
・家族旅行費用
・こどもの入学などに必要な制服代など

年間の特別費用って意外と多いんです。

これらは年間予算に組み込まれていますか?

わたしは直視するのがこわくて、この作業を行っていませんでした…。
なんとなく気分で自分や夫の誕生日プレゼント代を設定したり、クリスマスプレゼントを夫にあげてみたり。

そして「今月は赤字になった…」なんてことが何度もありました。

今年はある程度予算を立てて行動できたので、特別な出費でも家計が揺らぐことがなかった!

年間特別費の予算は年末に立てておくことを強くおすすめします。

家計の違和感を振り返らない

 

わたしは家計簿が続きませんでした。
その原因はこうです。

家計簿をつけるのが面倒で結局続かなかった

アプリを使って家計簿をつけていた

実はアプリが不便で、紙の家計簿ならラクに続けられた

こんなふうにやり方を変えることで、家計簿をつけることができるようになりました。

アプリでレシートを撮影するのがどうしても面倒でダメでした。

そんなわたしが家計簿をつけられるようになった方法>>>お金の教養講座セミナーに参加してお金に対する不安が軽くなった

『自分には家計簿なんてつけられないんだ!』と諦める前に、何かどうだめだったか問題を分析できたのが成功したポイント。

小さな違和感がストレスになっているなら、一度何がひっかかっているのか分析してみましょう。

支払いの履歴・予定などを確認しない

わが家は住宅ローンの支払いをするために、給与口座から毎月ローン返済口座に自動引き落としをしています。
その自動引き落としの手数料が毎月700円も取られていました…!

35年ローンの場合、約30万円手数料を支払っていることになります。

携帯電話のキャリアの変更を考えている場合も、契約更新月を把握しておかないと違約金を支払うことに。

コンタクトレンズや水などはアマゾンプライムセールや楽天市場のポイントが高い時を狙って計画的に買い物をするとお得にGET。

支払い履歴のチェックとこれからのスケジュールを確認するだけで、ムダが発見できたりお得に買い物ができます。

事前準備できる人が家計を制する!

年末は1年を振り返る絶好のチャンスです。

よかったところもダメだったところも、まずは認めることが大切。
目をそらしていたら、いつまでたってもお金のことは解決しません。

この機会に家計をきちんと把握してみてください。
事前に計画を立てられたら、来年はきっと貯蓄体質に変われているはずです!!

 

関連記事>>>家計見直しで年間約○○万円の節約に!わが家の節約結果を公開します

>>>お金の勉強ってどうするの?3つの方法をご紹介します!