結婚前の転職に成功したポイント2つ

yuca(yuca_minority)です。

 

結婚を控えていて、今の仕事じゃ残業も多いから転職したい。

 

でも転職すると何年か働いて結果を出してからでないと結婚するって言いづらい……。

 

私もかつて、結婚前の転職でこんな風に悩んでいました。

 

私の場合は結婚の時期が迫ったため、退職。
次転職先が見つかるのか、不安に思いながらも転職活動をスタートしました。

 

退職までの経緯はこちら
社内恋愛禁止の会社で結婚!報告や転職はどうした?【体験談】

 

結果、結婚を控えた私の転職活動はすんなり終了。
転職活動を始めて10日ほどて内定をいただけました。

 

なぜ私の転職活動がスムーズに進んだのか。
ポイントを2つお伝えします。

 

1.あなたの考え方を変えよう!

 

  • 結婚することをデメリットと思わない
  • 結婚をいやがる企業はこちらから願い下げる

あなたは結婚することで企業からいやがられると思っていませんか?

 

実際、結婚を控えた女性の採用を見送る企業もあるようですが、結婚であなたの価値は上がりも下がりもしません。

面接で企業が知りたいのは、あなたの仕事へのやる気と能力。

結婚のことを面接で聞かれたら、堂々と答えて大丈夫です。

 

2.転職エージェントを利用しよう

私は転職エージェントへ行って、自分の経験の棚卸しを手伝ってもらいました。

エージェント担当者へは転職の正直な理由を話して、結婚のことは伝えた方がいいか?』質問しました。

担当者曰く、後ろ向きな理由ではないから伝えたほうが自分自身のためになるのでは?とアドバイスをもらいました。

 

エージェント担当者は志望動機や面接の練習も一緒にしてくれます。

 

私は転職活動をスタートしたとき、結婚=マイナス評価だと思っていました。

 

だから模擬面接では結婚することを伝えるとき、必要以上に申し訳なさそうにしてしまいました。

 

そこをエージェント担当者は指摘してくれ、結婚することをマイナス評価だと思わないよう気持ちを切り替えて堂々と面接に挑みました。

 

結果、1社目から内定をゲット。
2ヶ月の転職活動期間の中で5社応募して3社内定をいただきました。

 

大企業1社、中小だけど名前がそこそこ知られている会社2社。

 

結婚することよりも、普通の企業はあなたのスペックを見てくれるんだと嬉しくなりました。

 

(職種転換&子持ちの場合はこの限りではありませんでした……。この場合は少し戦略を変えましょう!)

 

まとめ

 

実際に転職活動をしてみて、雑誌やネットの記事では結婚=マイナス評価されるような厳しい意見が目立ちますが、意外とリアルな世界ではそんなことないんだなと感じました。

 

周りの目を気にして結婚や転職を先送りにしても、いざというときあなたの事を悪く言うような人は誰もあなたを助けてはくれません。

 

自分のタイミングで、自分が納得できるように行動することをおすすめします!

もし今転職するなら、ここに話を聞いてみたい。


 

EC職ならここが気になります。


関連記事>>>ワーママが退職したいと思ったらやるべきこと!うつうつした気持ちを解決する手順を教えます。

>>>ワーママがつらい原因はこれ!限界になる前にできること