ワーママ転職ブログ 時間がない中で私はこうして転職を成功させました!

育休・産休が明けていざ仕事を再開すると、子育てと仕事の両立はかなり大変なことだと思い知らされました。
そして産前は見えていなかった仕事の悩みがでてきます。

  • 成果をあげても定時で帰っているので評価されない
  • 育休明けからやりがいではなくお金のためだけに働くようになってしまった
  • 仕事はたのしいけれど、正直今の職場はワーママにとって働きにくい
  • 残業・持ち帰り残業が多く、もっと子どもと過ごす時間がほしい
  • 責任が重すぎて育児をしながらだと体調を崩してしまった

私自身、たくさん悩みました。もし今すべてを投げ出したらたら子どもがせっかく通っている保育園はどうなるの?、育児と仕事のバランス、お金のこと、キャリアのこと、子どもとの時間のこと。

こうしてうつうつと仕事に行っているうちに、体調を崩してしまいました。

せっかくかわいい子どもとの時間を過ごしているのに気分は落ち込みがちになりモヤモヤした時間が過ぎていく。このままでいい訳がない。

ユカ
そして私が出した結論は「転職をすること」でした。

あなたが今の職場でモヤモヤした気持ちで働いているのはあなたのせいではありません。その職場は子どもがいない人にとっては働きやすい職場でも、子どもができた人とっては働きにくい職場なのです。

私もワーママで転職なんてできるの?ととても弱気でした。私は未経験のやりたかった仕事に転職したのですが、今とてもたのしく仕事をしています。転職したことで、やりがい・お給料アップ・ワーママが働きやすい環境を手に入れることができました。

私のワーママ転職体験談があなたのお役に立てば嬉しいです。

私の転職エピソード

産後やりたいことが頭の中にチラついた

もともと働いていた職場には産後半年で復帰しました。
なぜならわたしのひとつ前の先輩がそうしていたからです。この時の仕事はネットショプの販売促進企画を担当していました。

実は妊娠前から経理の仕事がしてみたいと思っていたのですが、そんな時にちょうど妊娠。転職願望は一旦忘れることにしていました。

そして仕事に復帰したあとも、「経理の仕事がしてみたい・・・」そんな思いが目の前をチラつきました。

ユカ
だけど子持ちのわたしにはそんな選択肢はない、そう思い込んでしまっていました。

体調不良をきっかけに転職を決意

職場に復帰後、人手不足で職場はどんどん忙しくなりました。
時短勤務のわたしの責任もどんどん増えていきます。

理不尽に怒られることも、責任をなすりつけられることも、定時で帰った後に陰口を言われることも。この時は気が付かなかったけれど、こういった環境は実は社風で、まわりのワーママも同じように冷遇されていました。

そんな生活を続けていると、子育てと仕事の両立で帯状疱疹という神経の病気になってしまいました。
夜は0歳のこどもの夜泣きと仕事への不安で不眠に。1日3時間しか眠っていなくても全然眠くない。
病院へ行って薬をもらって説明を読むと、不安感を抑える薬でした。
眠くなる薬も処方されました。

こんな大変なら、好きなことややりたいことで大変な思いをしたい。

自分に合わない職場環境が私に転職を決意させてくれました。

転職に向けて動き出したらワクワクした

転職することにして動き出してからは、積極的に行動しました。ネットの情報は未経験・30代で転職なんて無理だと書かれていて、ポジティブな情報はほとんどなし。
でも、そのときのわたしは未来へ向かっている感じがしてワクワクしていました。

とはいえワーママの私には時間がないので効率よく転職活動を進める必要があります。そこで転職のプロの力を借りることにしました。転職エージェントに登録し、今の自分の市場価値・職務経歴書や履歴書の作り方・求人を探してもらう・志望動機の添削などを手伝ってもらうことに。

転職エージェントの担当者から「未経験で転職はむずかしい」と初めは言われたけれど、この人を説得できなくてどうやって面接官を説得するんだ!という気持ちで自分の気持ちを伝えて味方につけました。

転職に向けてやるべき3つの基本

転職を進めるために自分の中の転職の軸を決める必要があります。

転職して実現したいことを明確にする

まずは転職しようと思ったきっかけを書き出してみましょう。そこから転職してどんな自分になりたいか・どんなライフスタイルを送りたいかを考えます。今の職場のネガティブな面ではなく、「これからどうなりたいか」ポジティブな考え方をするのがポイントです。

ひょっとすると転職して実現したいことは今の職場でも部署異動などで叶えられるかもしれません。この軸をはっきりさせることで転職するべきかどうかが判断しやすくなります。どうしても転職でしか叶えられなければ転職に向けて行動しましょう。
関連記事>>>ワーママが退職したいと思ったらやるべきこと!うつうつした気持ちを解決する手順を教えます。

ここで転職して実現したいことの軸がしっかりしていると、次はどんな企業・どんな仕事を選べばいいのかが明確になります。

キャリアの棚卸し・自己分析をする

今までどんな仕事をしてきたのか、その仕事を通じてどんなスキルを身につけたのかを整理します。これまで携わったプロジェクトの内容や規模、製品、プロジェクト内での立場、専門知識や資格などを細かく書き出していきます。

ここまで整理することで下記の3つが明確になります。

  • 自分ができること
  • これから自分がやりたいことやりたいことをするために不足しているスキル

この3つがはっきりしていると志望動機や面接の時の自己アピールにも深みがでて、あなたの良さが面接官に伝わります。

履歴書・職務経歴書を作る

就職活動でも作成したように履歴書・職務経歴書を作成します。

職務経歴書はキャリアの棚卸しや自己分析ができていると、内容もしっかりしたものができあがります。また、職務経歴書は見た目も読みやすく整えておくとパソコンスキルのアピールにもつながります。

転職活動をもっと効率よく進めたい・・・そんな時は転職サービスを利用!

転職エージェントに登録してプロからアドバイスをもらう

転職エージェントはあなたにあった求人を紹介してくれる転職の仲介サービスです。職務経歴書・履歴書・面接対策などプロ目線でサポートしてくれます。
自己分析や履歴書・職務経歴書の作り方がいまいちよく分からないという方はプロを頼ってみましょう。

費用は企業側から報酬をもらっているため、転職者は0円でサービスを利用することができます。市場には出ていないエージェント独自の求人も抱えているので、ネットで検索していても出会えなかった求人が見つかることもありますよ。

転職エージェントは「転職者が決まらない」もしくは「転職者が半年以内に離職する」と企業から報酬がもらえません。なので真剣にあなたの転職をサポートしてくれます。

ユカ
もちろん在職中でも利用できるので、うまく活用して効率よく転職活動を進めましょう!

ワーママのあなたがエージェントに登録するならリクルートエージェントとパソナキャリアがおすすめです。リクルートエージェントは業界大手のため求人数が多く、かつサポートも丁寧です。パソナキャリアはリクルートエージェントと比べると求人数が少ないのがネックですが女性の気持ちに寄り添った提案をしてくれます。
圧倒的な求人数と転職ノウハウのリクルートエージェント
キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

>>>パソナキャリアを利用した感想はこちら

他にも転職エージェントがありますが、あまり多く登録しすぎると非効率になってしまうためおすすめしません。

お手軽に自己分析なら転職サイトに登録!

転職エージェントに行く時間もないし、とりあえず自己分析だけでもサクッとしてしまいならリクナビネクストのグッドポイント診断がおすすめです。

リクナビネクストに登録すれば無料であなたの強みを5つ診断してくれます。診断時間は約30分で、かなり精度の高い診断がでると評判です。

診断結果をみていると面接に使えそうなエピソードを思い出した、という口コミも多く自己分析にかなり役立ちます。

こちらから登録してあなたのグッドポイントを診断できます。

グッドポイントを診断する

いま、転職市場は人材不足!

有効求人倍率

求職者1人に対して求人が2件ある状態です。求職者が有利な状況なので、転職するなら今なんです。

少子高齢化で20台後半〜30代の人材が減っている

今、私たちのような小さい子どもがいる20代後半〜30代の人手があきらかに不足しています。実際に私が仕事をしている中でもこの世代が少ないなと感じています。

少し前なら30代で子持ちなんて面接すら受けるのがむずかしかったのが、最近私の会社では30代の方から求人に応募があると「若い人から応募が来た!」と言っているほど。

条件のいい企業にやりたい仕事で転職したいなら、正直いま20代後半〜30代の人はかなりチャンスです。

働き方改革で一人ひとりが働ける時間が減っている

2019年4月から始まった働き方改革で、一人ひとりが働ける時間が減ってきています。これまで残業し放題だったところ、残業NGになり効率をあげる方向で企業も従業員も働いています。ですが急に仕事のしかたや業務量が減るわけではないので、人を増やして対応している企業もあります。

こういった背景もあり、残業なしで定時で帰れるの求人が増えてきています。

まとめ

いま、わたしは目標だった経理として、経営者のサポートをしています。
実力はまだまだだけど、寄り添ってくれるという評価をいただき、経営者の方から担当がわたしでよかったと言ってもらえることもでてきました。

仕事に、家庭に、とても忙しくパンクしそうになることもあるけれど、わたしは今とてもしあわせです。
おかあさんになったからといって夢はあきらめなくていいよ!と自信を持って言えます。
わたしはやっと夢のスタートラインに立つことができました。子どもがいても人生の主役は自分だと実感しています。

ネットで転職体験記のブログを探しても、子持ち・未経験職種への転職体験記はおどろくほど少ないですよね。
わたしは何度も同じ人のブログをのぞきに行ったほど。
だからこの記事を書いてみることにしました。

子どもができていろいろと諦めているおかあさんにこのブログが届いているとうれしいです。

パソナはこんな方におすすめ


  • 女性の気持ちに寄り添った提案をしてくれる
  • キャリアチェンジの相談もOK
  • 女性の転職希望者が多い

aaaaa

リクルートエージェントはこんな方におすすめ
a

  • 転職実績No.1だからノウハウ豊富
  • 顧客満足度No.1
  • 求人数が圧倒的に多い

関連記事>>>未経験で経理は受からない?30代ワーキングマザーの転職体験談



1 個のコメント