つみたてNISAはドルコスト平均法!低リスク&非課税の制度でお金をふやそう

yuca(yuca_minority)です。
 
 
 2014年から金融庁が進めている「貯蓄から投資へ」という流れ。
 
 
ですが思った通り進んでいないのが現状です。
 
 
 
金融庁側から銀行などの金融機関へ「顧客本位の業務をするよう」お達しがでていたのにもかかわらず、金融機関側のすすまない業務改善。
高い手数料をとる金融機関本位の金融商品の販売がおこなわれていました。
 
 
 
そこでいよいよ2018年1月から、金融庁のトップの森長官が自ら指揮を取りスタートさせる制度がつみたてNISAなのです。
 
 
つみたてNISAとは長期投資で毎月コツコツ資産形成をする制度。
 
 
このつみたてNISAの制度を利用して投資できる銘柄はかぎられていて、手数料など金融庁の厳しい条件をクリアした投資信託約120本の銘柄に絞られています。
 
 
 
ここまで国が本気で国民に投資を始めてもらいたい理由は、ずばり将来年金が足りないから。
 
 
「自分の老後の生活資金は自分で準備してね」という国からのメッセージだと私は受け止めています。

 




 

 

つみたてNISAのロジックはドルコスト平均法

冒頭でもお伝えしたとおり、「長期投資」で「毎月つみたて」ながら運用するのがつみたてNISA。

これはドルコスト平均法という手法で投資することなんです。

ではなぜ「長期投資」と「毎月つみたてる」ことがいいのかお伝えします。

長期投資とは

投資信託の相場は上がったり、下がったりします。

短期の投資だと損失になってしまう時でも、長期投資であれば利益化するチャンスがぐっと増えます。

毎月つみたてとは

手元にある100万円を投資に回そうとしたとき、投資初心者はどのタイミングで購入すればいいのか分からないですよね。

えいやで購入した場合、それが一番高い値段のことも。

一方、100万円を分散して毎月5万円づつ投資信託を購入していった場合、投資信託が安い時には沢山株を購入でき、その銘柄が高いときには少ししか買えません。

毎月つみたてることで一番高い値段で購入してしまうことを避け、平均取得単価を下げるために有効な方法です。

 

このふたつを踏まえて、ドルコスト平均法は『投資の知識がなくてもはじめられる』投資方法としておすすめされています。
 
 
 

 
 
 

ドルコスト平均法のデメリット・メリット

 

デメリット

購入した投資信託が購入時からずっと右肩下がりになっている場合。

この場合は投資した金額が元本割れしてしまいます。

このあたりがドルコスト平均法が万能ではないと言われる点です。
 
 
 

メリット

 
1.感情による失敗を防ぐ

今が安いから沢山買おう、と買った翌日にさらに価格が下がったり、

今は高いから買い控えようと思っているとそれからどんどん値上がりを続けたり……初心者が相場を読むのはかなり難しく、結局は買うタイミングを失敗しがちです。
 
 
ですが、ドルコスト平均法なら毎月機械的に投資信託を決まった金額だけ購入し続けるので、感情による失敗がありません。
 
 
高い時も安い時もこつこつと購入し続けることで、利益を得やすくなります。
 
 
 
2.リスクを下げられる
 
長期投資で時間を分散して投資をするので、短期間の株価の上下はあまり意味がありません。

毎月定額でつみたてるので、高い時には口数を少なく買付け、安い時には口数を多く買い付けます。

株価が下落しているタイミングでは通常、こわくて購入することをためらってしまいますが長期つみたて投資なら
下落のタイミングは平均取得単価を下げるチャンスです。

 
 
 

つみたてNISAなら利益が非課税

 
2018年1月からスタートするつみたてNISAでつみたて投資をすると、20年間運用して利益がでた場合非課税になります!

 

たとえば20年間コツコツつみたてて、投資の運用益が1,000万円でた場合。

通常なら約20%税金がひかれるため、約200万円税金が引かれます。

ですがつみたてNISAで運用した場合、税金は非課税のため1,000万円そのまま運用益として受け取ることができます。
 
 
 

さいごに

 
投資をはじめてみたい人はつみたてNISAでドルコスト平均法がおすすめです!

つみたてNISAの口座申込は2017年10月から始まっています。

2018年1月からスムーズに投資デビューできるよう、今から準備をしておきましょう!